title
INDEX WORKS PROFILE, MAIL, SNS BLOG



WORKS

【Drift Tracer AR】
{2016年〜}(個人制作)

カーレースのゲームやアニメでありそうな表現を実空間上へ再現するARコンテンツです。
リモコンカーのテールランプの軌跡に炎や閃光などのエフェクトを付加して、視覚的に一層盛り上げます。

[YouTube 紹介映像3]  [ニコニコ動画 紹介映像3] ← 総編集
[YouTube 紹介映像2]  [ニコニコ動画 紹介映像2] ← 展示の様子
[YouTube 紹介映像1]  [ニコニコ動画 紹介映像1] ← 初回の概要説明

【Starry Shadow】
{2016年〜}(個人制作)

体験者が作り出した影の中に星空が広がります。
実は、白色照明を遮った先に、スクリーン背面からの映像が浮かび上がるようになってます。

[YouTube 紹介映像]  [ニコニコ動画 紹介映像]

【HANABI JOCKEY】
{2013年〜}(個人制作)

DJ型コントローラを使って、映像上で花火を打ち上げられます。
1人または2,3人程度で操作することができて、光や音の演出を楽しめます。

[YouTube 紹介映像]  [ニコニコ動画 紹介映像]

【Play With Shine】
{2004年〜}(個人制作)

「光を使って遊ぶ」インタラクティブ・インスタレーションです。
カメラで取り込んだ映像へ、特に光っている部分に反応して、
星・虹・桜などをモチーフにした、様々な特殊効果を付加します。
"Live Version" では、音楽に同期した特殊効果も盛り込みました。

[YouTube 紹介映像 (Live version)]  [ニコニコ動画 紹介映像 (Live version)]
[YouTube 紹介映像 (Normal version)]
[YouTube 紹介映像 (Extra version)]

【Feedback Fruits Flash】
{2008〜2009年}(個人制作)

「食べて美味しい&食べた後も観て楽しい」をコンセプトにしたインスタレーションです。
テーブル上に置かれたフルーツ菓子を食べていくと、星座の映像が展開されていきます。

[YouTube 紹介映像]

【Creating Colorful Cosmos】
{2007〜2008年}(個人制作)

色彩豊かで幻想的な、仮想星空を創造できるインスタレーションです。
タッチパネルとプロジェクタを使い、部屋をオリジナル・プラネタリウムに。

[YouTube 紹介映像]

【Cycling Colorful Composer】
{2007〜2008年}(個人制作)

“光のオルゴール”をコンセプトにしたインスタレーションです。
テーブル上へケミカルライトを配置することで、音を奏でます。

[YouTube 紹介映像]

【Crossing Colorful Communication(s)】
{2006〜2007年}(個人制作)

音によるコミュニケーションの可視化を試みたインスタレーションです。
音の加算を色の加算として、観て楽しめるようになってます。

[YouTube 紹介映像]

【融合画】
{2006年}(企画&プログラム:小岩亮太,イラスト:寺田めぐみ)

視覚復号型秘密分散法を応用した静止画です。
2つの絵を重ねることで、新たな絵が浮かび上がってきます。

【AQUA, DEEP AQUA】
{2005〜2006年}(個人制作)

仮想水槽を舞台にしたインスタレーションです。
水中の人(カメラ)と観察者(タッチパネル)が、水泡を介して、インタラクションを引き起こします。

【桜華乱舞】
{2005年}(個人制作,モデル:M.O.)

扇子を使った舞踊を、映像と音響で盛り上げる、AR(拡張現実感)コンテンツです。
桜の花びらが風で舞い踊る、日本の春をモチーフにしました。





twitter facebook google plus hatena bookmark LINE





inserted by FC2 system